今こそはじめよう!初心者のためのトランペットの選び方

まずはデザインで選ぶ!

トランペットをこれから始める!という方は、トランペットといえば金色のイメージがあるのではないでしょうか。トランペットの色は、ほとんどのものが金色か銀色の表面仕上げになっています。金色のものには、ラッカー加工と金メッキ加工があるので、大きく分けると3種類ということになります。値段でいえば、ラッカーがいちばん安く、銀メッキ、金メッキの順に高くなっていくのが一般的です。表面加工によって音色が変わってくることもあるそうですが、はっきりとした違いがあるわけではなく、これも個人の好みの問題なのかもしれません。初めてのトランペットをデザインで選ぶことで、手に取る回数も増え、自然に上達していくことも期待できます。本格的な演奏にも、オシャレな趣味としても、やっぱり楽器への愛着心は大事なものです。

でも、高くてなかなか手が出せない!

トランペットは多くの人にとって憧れではあるものの、スタートするためには楽器を買わなければいけない。でも、いざ楽器屋さんに行ってみると値札にビックリ!という方も多いと思います。デザインや音色にこだわらないから、どうしてもトランペットを初めてみたい!という方は、中古の楽器を買う、という選択肢も考えるかもしれません。しかしこれには注意が必要です。楽器というのは演奏者になじんでいくものです。トランペットも例外ではなく、前の使用者になじんだ楽器をうまく使いこなせない、なんてことも起こりかねないのです。そこでおすすめなのが、プラスチック製のトランペットです。金属のものに比べてもかなり安価で手に入り、トランペットの演奏感を味わうことができます。オシャレなデザインのものもあったりするので、チェックしてみては!?

トランペットは金管楽器の一種です。管の部分に複数のバルブが付いていて、それを押すことにより管の長さを変え、音の高さを変化させます。