できるだけ車検を安く済ませるにはどうしたらいい?進

まずは車検の費用について把握しておく

車を所有していれば、当然2年に一度車検を受けなければなりません。車検の費用がとても安ければ問題ありませんが、普通の会社員の収入ではけっこう大きな出費と感じるのではないでしょうか。車の維持費が高いといわれる原因の一つが車検にかかる費用なのです。では、実際どれぐらいの費用がかかっているでしょうか。普通自動車の時の車検の費用についてみると、コンパクトカーであれば8万円台ぐらいで収まることが多いです。一方、大型ミニバンなどの場合は9万円ぐらいかかってしまうことがあります。車検の費用は、申し込みをする場所で安くなることもありますね。車のディーラーで申し込むよりも、ガソリンスタンドやカー用品店などで申し込んだ方が、2万円から3万円ぐらいは安くなることがあり得るのです。

車検費用が明暗を分けている

車検の費用には法定費用と車検費用の2種類があります。このうち法定費用に関しては、どこに申し込んでも割引きされることはありません。なぜなら国に対して納めるお金だからです。ディーラーに申し込むと高いけども、カー用品店は重量税をおまけしてくれたということはあり得ません。ですが車検費用は、車検をする業者が取る手数料や技術費などです。この部分に関しては、その業者によって金額が変わってきます。基本的にディーラーは優秀な整備士がいるため、車検費用は高めに設定されています。これに対してガソリンスタンドやカー用品店などは、会社によって整備士の腕の良さがまちまちですので、車検費用も安く設定されているのです。

車検が切れた時は、法的な手続きを取る必要があるため、いち早く最寄りのカーディーたーに問い合わせをすることがおすすめです。