車検の価格は主に2種類に分けられているその内訳とは

車検は頭が痛い出費の一つ

日本国内で自動車やバイクなどを公道で走らせるためには定期的な車検を受けることが必要です。

車検は新車の初回のみ3年に1回、それ以外では2年に1回、国が指定した整備工場で車の全体的な点検をおこなうことです。

車種によって価格は違いますが、だいたい10万円ちかくかかるので車の維持費としてはとても大きなウエイトを占めています。

車検の費用は2種類に分けられる

さて、実際に車検を受けてみると車検を受ける場所によって値段が全然違います。

国が指定している車の点検費用がどうしてお店によって全然違うのでしょうか。その理由は車検にかかる費用の内訳が大きく分けて二つあるためです。

車検の費用は大きく分けると法定費用と点検費用の2種類に分けられます。

法定費用について知っておこう

法定費用というのは国が指定した車検をするために徴収する費用のことで、この費用に関してはどの工場で受けても全く同じ費用になっています。その内訳は自動車重量税という自動車にかかる税金、自賠責保険料と呼ばれる車を所持するためには必ず加入する必要がある保険の保険料、そして点検費用の3つです。

点検費用について知っておこう

点検費用は車検をする工場が自由に設定できるお金でいわば工場側の儲け分です。点検技術料などその名称は工場によって違いますが、車検をする工場によって費用が全然違うのはこの工場側の儲け分の費用の設定が場所によって全然違うためです。

この工場側の費用に関してはディーラーで受けると高くなる傾向にあり、最もかからないユーザー車検では0円で済ませることが出来ます。

車検は車の健康診断のようなものです。お金もかかりますが、家族や友人を安全に乗せるためと思いしっかりと行いましょう。