これから車検を受ける場合は基本的なことを知っておこう

車検を受けないとどのようになるか

車検は、新車であれば3年に一度、それ以外の車であれば2年に一度行うものです。法律に定められている点検のため、車検を受けなければ公道を走ることはできません。もし車検を受けていない段階で公道を走れば、50万円以下の罰金か1年以内の懲役刑、そして免許の点数が6点ほど引かれてしまいます。車検をしていなければ、当然自賠責保険も入っていませんので、さらに免許の点数を6点ひかれてしまい、完全に免停状態です。つまり、車検を受けない人や車検を受けることができない人は、公道を走る資格がないと言われているようなものです。

車検は通常、自動車の登録日の前後1か月になります。この点、登録日の1カ月前に車検を受けてしまえば、それ以降車検の時期が1カ月ずつ早くなるのではないかと誤解をしている人もいます。ですが、実際にはそのようなことはなく、早めの車検行っても次回の車検日が早まることはありません。

車検には点検整備が含まれていない

車に詳しくない人は、点検整備のことを車検だと思っている人も少なくないでしょう。確かに、ディーラーや自動車工場などで車検行うときには、同時に点検整備をしてくれます。ですが、この点検整備は、車検とは別のものです。車検は、保安適合基準に合致しているかどうかを確認するためのものになりますので、必ずしも点検整備をするわけではありません。

車検費用が高い業者と安い業者がありますが、この違いは点検整備をしているかどうかの違いになります。安いところでは点検整備をせず、保安基準に適合しているかどうかだけを判断しますので、車検が終了した後自動車に乗っても安心とは限りません。この点を知っておくと未然にトラブルを防ぐこともできるでしょう。

車検の料金をできるだけおさえたいならユーザー車検という手があります。しかし、ある程度の知識と時間が必要となります。